鼻だけファンデが浮いちゃう...こんな場合の対処法

鼻だけファンデが浮いちゃうというお悩みをもっている方も少なくありません。
こんな場合は、鼻だけファンデを変えてみると効果的です。

鼻にファンデが浮くというのは、鼻に対しての水分量が不足していることが原因。
肌が乾燥していると、潤いを保とうと皮膚は皮脂を出します。
すると、毛穴が開いていきファンデーションが浮いてしまうということになるのです。

これを油とり紙やティッシュで取ると、ファンデがよれて化粧崩れになってしまいます。
すると、化粧直しをしてティッシュで拭き取っての悪循環。
ですから、肌の中は常に潤いで満たしていることが大切になってくるのです。

化粧ノリが悪いからといって、ファンデーションを厚塗りしたりすると逆効果。
肌の乾燥を促進させ、ファンデーションが鼻だけ浮く結果になってしまいます。

では、保湿力重視のファンデーションを選べばいいかといえばそれも違ってきます。
保湿力重視の場合は乾燥は防ぐことができますが、ファンデーションのカバー力が劣りノリが悪くなります。

ではどうすればいいかというと、ファンデーションの前の化粧下地をきちんとしておくことが大切なのです。
シルクセリシンパウダー配合は効果的。
化粧下地をきちんとすることで、浮いてきた皮脂をパウダーファンデーションで吸収してくれ、テカリ予防に。

また、化粧水もセラミド配合の美容液で保湿することで、過剰な皮脂分泌を抑える効果が期待できます。
肌の部位によってスキンケア方法を変えていくことがポイントです。
自分の肌質が気になるのでしたら、カウンターで聞いてみるといいかもしれません。